目次

BackTrack とは

BackTrack(バックトラック)は、ペネトレーションテスト目的に特化した1DVDタイプのLinuxディストリビューションの一つである。

[ BackTrack - Wikipedia より ]

ダウンロード

http://www.backtrack-linux.org/downloads/

ログイン

デフォルトの ID と PW は以下のようになっている

ID : root

PW : toor

Xウィンドウシステム起動

デフォルトは CUI だが startx を使用すれば GUI で操作可能

$ startx

アップデート

更新情報取得

# apt-get update

更新情報反映

# apt-get upgrade

or

全て反映させる場合

# apt-get dist-upgrade

日本語化

実行時のエラー文が日本語に変わってエラー検索に支障が出るのでやめた方がいいかも?

Ubuntu Software Center をインストール

# apt-get install software-center

Language Support のインストール

Ubuntu Software Center 起動

メニューの「Applications > Ubuntu Software Center」から Ubuntu Software Center を起動

Language Support のインストール

「language support」で検索すると上位に出るのでインストール

日本語化

日本語のインストール

メニューの「System > Administration > Language Support」から Language Support を起動

Launguage タブの「Install / Remove Languages...」ボタンをクリック

Japanese のチェックボックスにチェックを入れて「Apply Changes」をクリック

言語変更

「Text」タブから言語を指定して「Apply System-Wide...」ボタンをクリック

再起動

ターミナルで以下のコマンドを実行すればおk

# reboot

or

# shutdown -r now

Nessus

Nessus のインストール

# apt-get install nessus

Nessus用のアカウント作成

# /opt/nessus/sbin/nessus-adduser

アクティベーション

http://www.nessus.org/register/ からアクティベーションコードを取得して以下のコマンドを実行

# /opt/nessus/bin/nessus-fetch --register アクティベーションコード

Nessus 起動

# /etc/init.d/nessusd start

アクセス

ブラウザを開いて「https://localhost:8834/」にアクセス

Metasploit

デフォルトでインストールされているのでアップデートするだけでおk

参考

アップデート

# msfupdate

ダウンロード

Linux版 の 32bit or 64bit をダウンロード

http://www.metasploit.com/download/

実行

実行権限の付加

# chmod +x metasploit-latest-linux-installer.run

実行

# ./metasploit-latest-linux-installer.run

あとはゴリゴリ先に進めばおk

PostgreSQL

インストール

# apt-get install postgresql

外部接続

変更点1

/etc/postgresql/バージョン/main/postgresql.conf

[-] listen_addresses = 'localhost'
[+] listen_addresses = '*'

変更点2

/etc/postgresql/バージョン/main/pg_hba.conf

[+] host all all IPアドレス password

IPアドレス の部分はサブネットマスクの指定可能


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-16 (土) 18:03:29 (435d)