目次



インストール方法

必要なパッケージのインストール

NS-2に必要なパッケージのインストールを行う.

sudo apt-get install build-essential xorg-dev libpcap-dev libtool gcc g++ xgraph

ソースのダウンロード

NS-2の本家でDLするか,端末からwgetでDLを行います.

wgetでDLするには以下のコマンドを実行して下さい.下記のコマンドはv2.34のDLの方法を示しています.

wget http://sourceforge.net/projects/nsnam/files/allinone/ns-allinone-2.34/ns-allinone-2.34.tar.gz

解凍は以下のコマンドで行います.

tar zxvf ns-allinone-2.34.tar.gz

xgraphのソースファイル削除(飛ばしてもおk)

rm -rf xgraph-12.1

インストールスクリプトからxgraphのインストールコマンドを削除(飛ばしてもおk)

gedit ns-allinone-2.34/install

インストールファイルの修正(Ubuntu9.10,Ubuntu10.04の場合)

Ubuntu9.10もしくはUbuntu10.04でインストールすると,OTclのビルド中にエラーが出ます.

そこで,Otclのインストール時のコンパイラを「gcc-4.4」から「gcc-4.3」に変更します.

「gcc-4.3」のインストール

sudo apt-get install gcc-4.3

Otclのインストールのコンパイラを「gcc-4.3」で行うように変更します.

[編集ファイル(Ubuntu):ns-allinone-2.34/otcl-1.13/Makefile.in]

CC=             @CC@

↓

CC=             gcc-4.3

インストール

以下のファイルを実行しインストールを開始する.

ns-allinone-2.34/install

インストールログを残す場合は以下のコマンドを実行して下さい.パスの設定を行うので保存しておいた方がいいかも.

ns-allinone-2.34/install | tee compile.out

パスの設定

インストールが完了すると以下のように出力されるので,この指示通りにパスを通す.

Please put /home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/bin:/home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/tcl8.4.18/unix:/home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/tk8.4.18/unix
into your PATH environment; so that you'll be able to run itm/tclsh/wish/xgraph.

IMPORTANT NOTICES:

(1) You MUST put /home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/otcl-1.13, /home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/lib,
    into your LD_LIBRARY_PATH environment variable.
    If it complains about X libraries, add path to your X libraries
    into LD_LIBRARY_PATH.
    If you are using csh, you can set it like:
                setenv LD_LIBRARY_PATH <paths>
    If you are using sh, you can set it like:
                export LD_LIBRARY_PATH=<paths>

(2) You MUST put /home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/tcl8.4.18/library into your TCL_LIBRARY environmental
    variable. Otherwise ns/nam will complain during startup.

以下は自分がインストールした際のパスなので適宜変更する事.

[編集ファイル(Ubuntu):/home/ユーザ名/.bashrc]

export PATH=$PATH:/home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/bin:/home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/tcl8.4.18/unix:/home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/tk8.4.18/unix

LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/otcl-1.13:/home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/lib

TCL_LIBRARY=$TCL_LIBRARY:/home/batako/Program_Files/ns-allinone-2.34/tcl8.4.18/library

export PATH LD_LIBRARY_PATH TCL_LIBRARY

サンプルプログラム

ファイルの作成

simple.tcl

set ns [new Simulator]

set f [open out.tr w]
$ns trace-all $f
set nf [open out.nam w]
$ns namtrace-all $nf

set n0 [$ns node]
set n1 [$ns node]

$ns duplex-link $n0 $n1 5Mb 2ms DropTail

set udp0 [new Agent/UDP]
$ns attach-agent $n0 $udp0
set cbr0 [new Application/Traffic/CBR]
$cbr0 attach-agent $udp0

set null0 [new Agent/Null]
$ns attach-agent $n1 $null0

$ns connect $udp0 $null0

$ns at 1.0 "$cbr0 start"
$ns at 3.0 "finish"

proc finish {} {
        global ns f nf
        $ns flush-trace
        close $f
        close $nf

        puts "running nam..."
        exec nam out.nam &
        exit 0
}

$ns run

実行

ns simple.tcl
ns2.jpg

添付ファイル: filens2.jpg 221件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-16 (土) 18:03:29 (435d)