目次

参考

インストール方法

ソースのダウンロード

以下のサイトから最新のファイルを落とす.

最新版 ns-allinone-3.10.tar.bz2 (2011/07/27現在時点)

http://www.nsnam.org/download.html

解凍

$ tar xjf ns-allinone-3.11.tar.bz2

必要なパッケージのインストール

バラバラにインストールした方がいいっぽい

$ sudo apt-get install build-essential
$ sudo apt-get install python python-dev
$ sudo apt-get install mercurial
$ sudo apt-get install bzr
$ sudo apt-get install gdb valgrind
$ sudo apt-get install gsl-bin libgsl0-dev libgsl0ldbl
$ sudo apt-get install flex bison
$ sudo apt-get install tcpdump
$ sudo apt-get install sqlite sqlite3 libsqlite3-dev
$ sudo apt-get install libxml2 libxml2-dev
$ sudo apt-get install libgtk2.0-0 libgtk2.0-dev
$ sudo apt-get install vtun lxc
$ sudo apt-get install uncrustify
$ sudo apt-get install doxygen graphviz imagemagick
$ sudo apt-get install python-pygraphviz python-kiwi python-pygoocanvas libgoocanvas-dev python-rsvg python-gnomedesktop

下のように一括でインストールしてもいいけど,スキップされるやつが発生するかもしれないから,上のように一つ一つインストールした方がいいかも.

$ sudo apt-get install build-essential python python-dev mercurial bzr gdb valgrind gsl-bin libgsl0-dev libgsl0ldbl flex bison tcpdump sqlite sqlite3 libsqlite3-dev libxml2 libxml2-dev libgtk2.0-0 libgtk2.0-dev vtun lxc uncrustify doxygen graphviz imagemagick python-pygraphviz python-kiwi python-pygoocanvas libgoocanvas-dev python-rsvg python-gnomedesktop

ビルド

$ cd ns-allinone-3.11

# サンプルを使用しない場合
./build.py

# サンプルを使用する場合
# v3.11からデフォルトだとサンプルが動かない
./build.py --enable-examples --enable-tests

ただ、注意しないといけないのが、v3.11からファイル名だけで実行できるようになったので、サンプルとファイル名がダブっているとエラーを吐く

無効化する場合はオプションなしでビルドすればおk

./build.py

各ユニットのテスト

$ cd ns-allinone-3.11/ns-3.11
$ ./test.py -c core

サンプルプログラム実行

以下のコマンドを実行して,「Hello Simulator」が出力されたらおk.

$ ./waf --run hello-simulator

また,以下のように実行するとpcapファイルが出力され,Wiresharkやtcpdumpなどで解析できる.

$ ./waf --run simple-global-routing

グラフィック表示

v3.11から対応

./waf --run ファイル --vis

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-16 (土) 18:03:29 (435d)