目次

参考サイト

環境作り

Ruby on Rails 使用する場合は [Ruby] [RubyGems?] [Rails] のそれぞれのバージョンが非常に重要となるため注意!

あとでまとめるかも?

CentOS

CentOS/Rubyの項目を見ればおk

Ubuntu

Ruby のインストール

$ sudo apt-get install ruby

RubyGems? のインストール

$ sudo apt-get install rubygems

Rails のインストール

$ sudo apt-get install rails

Mac

Ruby のインストール

App Store から Xcode インストールすればおk

RubyGems? のインストール

Xcode インストールすれば一緒にインストールされる?

とりあえずアップデート

$ sudo gem update --system

Rails

詳しくは Mac/Ruby on Rails の項目を参照

その他のOS

頑張れ!

書き方

ブラウザ上で実行する場合の初期設定

Rubyのパス確認

# whereis ruby

表示されたパスをファイル毎に埋め込めばおk

パスの記述とHTML宣言

Rubyのパスを「/usr/bin/ruby」とする

[ sample.rb ]

#!/usr/bin/ruby

echo "content-type: text/html\n";

以降にHTML記述

パーミッション設定

その他のユーザに読み込み権限と実行権限を付加すればおk

設定例

# chmod 705 sample.rb

型変換

文字 → 数字

num = "123".to_i

数字 → 文字列

str = 123.to_s

ハッシュ値生成

MD5

require 'digest/md5'; # いらん?
word = '任意のワード';
p Digest::MD5.hexdigest(word);

SHA1

require 'digest/sha1'; # いらん?
word = '任意のワード';
p Digest::SHA1.hexdigest(word);

トリミング

文字列の先頭と末尾の空白文字(\r \n \t \f \v 半角スペース)を削除

string.trip

数字3桁カンマ区切り

引数は int 戻り値は string

number_with_delimiter(12345678)     # => 12,345,678

例外処理

Eceptionなどの指定がないと正常に例外を取得しない?

begin
    # 処理内容
    モデル名.transaction do
        # 失敗時にロールバックしたい内容
    end
rescue Exception => e
    # 例外時の処理
    puts e.class          # 例外オブジェクトのクラス
    puts e.message    # 例外オブジェクトが持つメッセージ
    puts e.backtrace  # 例がが発生した場所(バックトレース)
end

多次元ハッシュの初期化

  • 2次元ハッシュの初期化

h = Hash.new { |hash,key| hash[key] = Hash.new {} }

  • 3次元ハッシュの初期化

h = Hash.new { |hash,key| hash[key] = Hash.new { |hash,key| hash[key] = {} } }

Excel読み込み

gem intall spreadsheet
require 'spreadsheet'
filenames = Dir.glob('*.xls')
filenames.each do |f|
    # Excelファイルの読み込み
    xls = Spreadsheet.open(RAILS_ROOT + "#{filename}", 'rb')
    # シートの読み込み
    @sheet = xls.worksheet(シート番号)
    # セル情報取得(A1を[0,0]とする)
    puts @sheet[行番号, 列番号]
end

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-16 (土) 18:03:29 (435d)